2014年5月17日土曜日

別府での講演

昨日は、滋賀医大で講義をしたあと、別府に移動して夕方、製薬会社であるMSDの主催の講演会でお話をしました。スポーツ・身体運動と睡眠ということでお話をしたのですが、多くの先生方にいらして頂いて、大変嬉しく思いました。

別府は私は、若い頃から馴染みのある街です。別府にある、山本病院という精神科の病院に、研修医の頃は、夏休みにおじゃまし、下記のアルバイトをさせて頂だきました。当直のない日などは、院長先生が街に連れて行ってくれて、飲み歩いたりということで、いろいろと良くしていただきました。大陸ラーメンというお店があって、最後はそこで食べたような気がします。検索すると、まだありますね。

http://tabelog.com/oita/A4402/A440202/44003958/

講演は、睡眠全般についてのお話をしました。サーカディアンリズムと睡眠、加齢による睡眠の変化、運動が睡眠に及ぼす影響、睡眠薬の使い方などです。この中では、睡眠時間が運動選手のパフォーマンスに及ぼす影響というところが、面白かったという声もいただきました。これは、私がよく話をする、Cheri Mah先生(スタンフォード大学)の研究ですが、長時間睡眠をさせたところ、日中のさまざまなスポーツパフォーマンスが改善したというものです。

会の後、久しぶりに、鶴見大病院の山本紘世先生、山本病院の山本隆正先生、中央町こころのクリニックの櫻井政人先生と食事をしました。短時間でしたが、別府温泉にもつかることができ、とてもリフレッシュすることができました。

0 件のコメント:

コメントを投稿