2014年9月15日月曜日

成人発達障害支援研究会 (1)

成人発達障害支援研究会に入会することにしました。最近外来診療の中で、発達障害と診断される方が多くなってきたということも有ります。また、以前にも書きましたが、睡眠専門外来において、日中の眠気、過眠を主訴に来院される患者さんのなかに、かなりの割合で発達障害と診断できる方がおられることも、この会に入会しようと考えた大きな要因です。

睡眠障害と発達障害は、実は非常に近いところにあるのではないかとも思います。例えば、AD/HDの治療に用いられるアトモキセチンやメチルフェニデートは、ノルアドレナリンやドパミンに関わる薬物ですが、これらの神経伝達物質は睡眠覚醒の機構においても重要な役割を果たしています。したがって、睡眠障害は、発達障害の症状の一部であるとも考えられます。睡眠障害を専門とする、他の専門外来で、AD/HDの患者さんが睡眠相後退症候群と誤診されたケースを経験しましたが、このようなことは意外と多く起きているのだとも思います。

できれば、この研究会で、睡眠障害と発達障害の関連についても、多くのこの分野の専門家の方々と意見の交換ができれば良いと考えています。この会の代表の加藤進昌(かとうのぶまさ)先生は、睡眠障害の専門家でも有りますので、とても楽しみです。

0 件のコメント:

コメントを投稿