2017年9月12日火曜日

すなおクリニックQ&Aについて

すなおクリニックのホームページ(http://sunao.clinic)の更新に時間を書けていて、以前のようにブログが更新できずに、申し訳ありません。

現在は、すなおクリニックQ&Aというサイト(http://sunao.clinic/qa)にかける時間も多く取っています。

最近の項目としては、大人の発達障害についてのエントリーをつくりました。このように、クリニックを初めて様々な情報を発信することは、責任を感じる面もあり、また、書いている内容について誤解されないように注意しなければいけない面もあるように感じています。

一方で、このようなエントリーを書くことにより自分自身もより正確な知識を自分のものにできるという側面もあります。

すなおクリニックQ&Aも時々御覧ください。

2017年9月11日月曜日

第15回日本スポーツ精神医学会(山形県鶴岡市)

9月8日から10日に、山形県鶴岡市にて第15回日本スポーツ精神医学会が開催されました。私も、理事長(チェアマン)として参加しました。

今年は、山形県立こころの医療センター院長神田秀人先生を会長として、東海林岳樹先生、白石啓明先生らが中心となって開催をしていただきました。

素晴らしい会でした。一般演題にも、うつ病に対する運動療法を実践している方々からの発表があり、またシンポジウムは精神障害者スポーツに関する発表も多くありました。 

特別講演は、元オリンピックフィギュアスケート選手の鈴木明子さんに来ていただきました。このお話は、本当に感銘をうける素晴らしいお話でした。鈴木さんはご存知のように摂食障害を患って、そこから復帰をして再び競技の場にもどり、そしてオリンピック選手にまで選ばれた方です。それは知っていましたが、その状況の中で彼女がどれほど重症の摂食障害を患ったのかはよく知りませんでした。鈴木さんは講演の最初に「今日は、私の経験した摂食障害について包み隠さず話します。」と言われ、その詳細について、素晴らしい記述力と洞察力をもっって話をしていただきました。1時間の講演の最後には、鈴木さんご自身も涙を流すシーンもあり、我々も目頭が熱くなりました。

摂食障害をもっているアスリートは多く居ます。しかし、その人達はなかなか自身の悩みを打ち明けられずに競技をしていると思います。鈴木さんには、オリンピックまで上り詰めたトップアスリートとして、是非このさきもこういった摂食障害に苦しむ後輩たちをにたいして、自分の経験を発信していっていただきたいと思いました。

教育講演をされた大阪体育大学の土屋裕睦教授と
教育講演は、大阪体育大学の土屋裕睦教授でした。私は既知の仲ですが、土屋先生のお話はいつも、楽しくわかりやすいものです。今回は、スポーツにける体罰についてのお話でしたが、この課題はとても大きく大切なものです。土屋先生のような方が、分かりやすく丁寧にこの課題を話していただくことによって、少しずつでも体罰によって将来を奪われてしまう若いアスリートが居なくなっていくことを願っています。

鶴岡市には私は初めて行きましたが、また行きたいと思いました。学会期間中は天候に恵まれ、熱くもなく寒くもなく、カラッとした天気でしたでした。会場近くにレストランなどが無いということから、山形名物の芋煮会をやっていただき、昼食は皆で青空の下で食べました。また、懇親会もひろい畑を前にしたオープンエァのイタリア料理で、とてもおしゃれな雰囲気でした。


2017年8月14日月曜日

開業医としての生活

4月から、開業医として生活していますが、仕事はとても楽しく行っています。それまでの大学教員としての生活とは大きく異なっていますが、人生最後の転職と思って新しい気持ちで出直しています。

大きく変わったのは、移動距離です。これまでは、所沢まで30kmあまりの道のりを車で通っていましたので、朝晩と車で1時間以上の移動がありました。これがなくなったのは、大変楽です。一方で、音楽を十分聞く時間がなくなったということもあります。

現在も、隔週で月曜日には、非常勤講師として東京医科歯科大学にかよっています。こちらでは、研修医に講義をしたり、患者さんを診たり、スポーツサイエンス機構の会議に出席したりします。スポーツサイエンス機構では、毎回室伏広治教授と一緒になるところが、楽しいところです。

月曜日と火曜日が休みなのですが、これになれるのに少し時間がかかりました。周りの人たちが休みでないので、どうしてもこれらの曜日に仕事を振ってくるということが有ります。講演や、インタビューなどです。これを受けていると休みがなくなってしまうので、今後は注意深く休みを確保していかなければならないと思っています。

一方で、月曜日と火曜日が休みなので、レジャーはとてもすいていて良い面があります。月曜日に地方で講演会を依頼されたときには、月曜日の朝から火曜日の夕方までの旅行として、講演以外の時間を観光にあてたりもできます。これは、楽しみです。

現在は、患者さんに多く来ていただけるようにしないといけないと思い、ブログよりもホームページの充実をはかる方向に時間をかけてしまっています。

今後、このブログは、随時更新・私見の公開や、診療についての意見などを書いていければ良いと思っています。

これからもよろしくお願い致します。

2017年6月20日火曜日

日本老年精神医学会

日本老年精神医学会の学術集会が、名古屋であり参加してきました。私はこの学会には、2年前から会員になっています。開業医としての仕事を見据えて、高齢者の精神的問題、認知症や関連疾患について、いろいろとべきょうしようと思ったからです。2014年の学会には、シンポジウムに呼ばれ、高齢者のうつ症状についての話をしてきましたが、このと

きは会員ではありませんでした。

昨年、金沢であった学会に参加したのが、会員としては初めてです。そのときにも思いましたが、この学会は本当に臨床的な良い学会です。高齢者のメンタルヘルスの問題について、本当に真摯に様々な立場の先生が知恵を出し合って、解決しようとしている姿勢が感じられます。また、より先進的な科学的知見も勉強でき、お金を払って参加をする価値のある学会だと思いました。

私は、会員になって日数が浅いにも関わらず、Psychogeriatricsというこの学会の英文誌のフィールドエディターに指名され、今回の参加は、この編集会議への参加という用事もありました。この年になって、新しい学会に入会し、雑誌の編集のお手伝いをするというのは、新しい刺激をもらうためにはとても良いことだと思っています。

今後は、高齢者のメンタルヘルスに関わる臨床も更に拡大していきたいと思っています。

2017年6月5日月曜日

A.L.E. (Athlete Live Entertainment)に参加しました

先日、5月29日、恵比寿のアクトスクエアで開催された、表題のトークショーに参加しました。チケットは、5,000円なんですが、早稲田大学時代のつながりで、なでしこジャパ
岩政さんと中西さん

ンのフィジカルコーチでもある、早稲田大学教授 広瀬統一先生のご招待で、参加しました。3月以来早稲田大学の先生方にはお会いしていませんでしたが、スポーツ産業論の作野誠一教授ともお会い出来て、なかなか楽しい集まりでした。
永里選手、広瀬統一教授と一緒に

トークショーは、岩政大樹から、サッカー解説の中西哲生さんが話を聞くという形式でした。15分クオーターが3つあるような構成ですが、なかなか興味深かったです。岩政選手については、名前くらいしか知りませんでしたが、アントラーズでは随分とディフェンダーツィて活躍し、代表にも招集されています。内容について細かに解説するつもりはありませんが、監修は、スポーツに関連した業界の人がほとんどのように見えました。いわば、B To Bの会なのですが、どういう意味があるかというと、この会を企画しておられる、伊藤滋之さんという方が、筋肉番付などのプロデューサーをやられた方で、語るスポーツの面白さを伝えたいという思いで始められたもののようです。今後、更に一般の人達に広がっていくのかと思います。

実際、面白い話でしたが、多少、業界向けかと思われる気もしました。

その分、いろいろな方も来ており、図らずも、なでしこジャパンの永里優季選手ともすこしだけ、お話する機会を得られました。

2017年5月9日火曜日

デジカルのホームページに掲載されました

電子カルテとして、デジカルという製品を使っています。

使用にかかる費用が安価であることが、非常にありがたいです。また信頼性も高く、使いやすいです。また、社長の尾崎さんが非常に熱心な方で、ユーザーのニーズを聞きながら汎用性の高い拡
 デジカル張をしていきます。自分でカスタマイズできるカルテではありませんので、そういうことがしたい方には向かないかもしれませんが、十分な性能があればあとは診療に時間を使いたいということであれば、非常におすすめです。

そんなご縁で、今回ホームページに
ということで掲載されました。

御覧ください。

2017年5月1日月曜日

◆GWこそ「至福の眠り」を手に入れる

「週刊朝日」5月5-12日合併号発売中! 主なコンテンツ ◆GWこそ「至福の眠り」を手に入れる ◆私立に負けない地方高の名門 ◆難関私大に強い高校1649 ◆PTA「他人任せ」に潜む子どもの危機 ◆600万部超!「科学漫画サバイバルシリーズ」特集 ◆岩合光昭さん「猫撮影」に密着

週刊朝日のインタビューにこたえたものが、現在店頭に並んでいる号にでています。上記のタイトルの記事です。記事は、GWにしっかりと睡眠の付けを返せると良いという内容を含んでいます。

では、一体どんな睡眠が良いのでしょうか。

睡眠には、
1.良い質の睡眠をとれること
2.十分な量の睡眠をとること
3.良い時間帯に睡眠をとること
の3つの要素があります。

1.良い質の睡眠は、ストレスや緊張のない状態を作ることが大事で、趣味のことをやって過ごしたり、スポーツをすることも大事だと思います。2.また、十分な量の睡眠をとることは確実に重要なので、睡眠不足の方はGWに寝すぎてはいけないということはありません。十分な睡眠をとるようにいたしましょう。ただ、3.良い時間帯に睡眠をとることが大事です。長く眠るために早寝をするということを心がけてください。早寝をすることによって、睡眠に適した時間帯を含んで眠ることができます。

とかく、休みなんだから普段できない夜更かしをして、すこし、怠惰な生活をしてと思われるかもしれませんが、これは勧められません。自由に時間をすごし、楽しい趣味などに時間を費やすことは大切ですが、それはあまり遅い時間までとならないようにしたいものです。

結果として、十分にリフレッシュした心と体で、また仕事に向かいたいものですね。