2018年7月10日火曜日

Chad Lefkowitz-Brown スタンダードセッション

実は、ここのところ(ブログのテーマ写真を見てもわかるように)園芸に凝っていてサックスの練習を怠っていました。楽器をやっている人であればよくわかっていると思いますが、楽器は一日休めば取り戻すのに三日かかると言っても過言ではありません。そうは言っても、毎日練習するというのは難しいとしても、週に4日以上やることはアマチュアレベルでも大切です。

それを、ここのところ4ヶ月ほど休んでいます。なんとなく練習をしない日が増えて、まあいいかなというのが続きました。その前兆としては、開業で忙しかったということもあって、なんとか感覚をキープするくらいしかやっていなかったという状況がここ2年ほどありました。

昨年末には一度エンジンがかかり、このときは一度ジャズクラブのセッションに参加しました。このときの起爆剤にもなっていた、Chad Lefkowitz-Brownをまた聞き出して、練習を再開することにしました。

ミックスリスト - チャド・レフコウィッツ・ブラウン




Lupifaroテナーサックス
彼は、Lipifaro というイタリアのメーカーのサックスを使っているのですが、昨年暮れには、よっぽどこれを購入しようかと思ったくらいです。ちなみにこのサックスは、国内では、御茶ノ水のイシバシ楽器においてありました…すくなくとも、1−2ヶ月前に行ったときには。その前には、多分昨年12月ころに行ったと思いますが、そのときはややエンジンがかかっていたので、試奏もしました。

さて、話を、チャドに戻すと彼はスーパーテクニシャンと思いますが、なんといいますか、アマチュアが巷のジャム・セッションに出かけて、そこで「おお、あいつうまいな」と言われるそのライン上の手の届かないところにいるような演奏を、このスタンダードセッションでは展開しています。

スタンダードセッションというのは、ジャズのスタンダード曲(誰でも知っている多く演奏されている曲)を、みんなで打ち合わせ無しにやるようなセッションです。コード進行は共有されているので、その上で自由に演奏を展開するということです。

ものすごく上手ですが、過剰にはみ出し、アウトフレーズを使うということもなく、かつ、小粋なフレーズをこれでもか、これでもかと出してきます。

夏は、どうしても園芸が忙しいのですが、冬にむけてまた練習を再開したいと思います。目標としては、9月か10月にジャム・セッションにまた出かけることです。まずは、ロングトーン、音階練習から(割と、この地道な練習が私は好きなのですが)、始めたいと、チャドにはえらく触発されました。

0 件のコメント:

コメントを投稿