2015年12月7日月曜日

ポストランチディップと交通事故

昼過ぎ、14時か15時ころに眠気が来ることは、経験上よく知っていると思いますが、昼ごはんを食べなくてもこの時間は眠くなることが知られています。この時間帯のことを、ポストランチディップと言っていますが、この時間帯には交通事故も多いことが知られています。

私は、幾つかの著作の中で図のようなスペインのSantosら (2010) の論文からの図を引用して、この時間帯に事故が多いことを示しています。これはこれで、正しいと思っているのですが、警視庁のデータをグラフ化してみると、もう一つの図のようになり、必ずしもポストランチディップは見えてきません。朝の通勤と帰りの帰宅時のラッシュ時間帯に交通事故が多くなるのが見えるだけです。

日本人でも午後の時間帯は眠くなると思いますが、これが警視庁のデータで出てこないのは警視庁の図が2時間おきのデータだからなのか、日本では必ずしもポストランチディップと交通事故の数が相関しないのか、よくわかりません。

著作の中では、こういうことを書いたほうが面白いのかもしれませんが、読者は何を言いたいのかわからない場合も多いと思うので、裏話として紹介してみました。

0 件のコメント:

コメントを投稿