2016年12月18日日曜日

フィデル・カストロ議長の死を悼む (終)

キューバを訪問したのは、もう14年も前になりますが、そのころ考えたことはまだ良く覚えています。キューバは社会主義国ですが、ベルリンの壁崩壊後に訪れた旧社会主義国は、未だに人々のメンタリティーは、閉鎖的でシャイでやや暗い印象をもちました。ポーランド、チェコ、旧東ドイツのドレスデン、ジョージア(グルジア)などです。しかし、キューバの社会主義はヨーロッパの社会主義とは比べ物にならないほど明るい雰囲気でした。医療や教育は無料で、人々は幸せそうです。治安はよく、ハバナの街は夜の独り歩きも問題はありませんでした。

フィデル・カストロ国家評議会議長の名刺
しかし一方で、言論の統制はあり、人々がどのような議論も自由にできるかと言えば、必ずしもそうではないように思いました。しかし、主にはフロリダ州に住む、キューバ移民の人達は、キューバ革命の前に資本を持っていた人たちで、カストロに自分たちの財産を奪われたという思いで、現在のキューバ政権を受け入れることができないのだと思いますが、その時代の社会の仕組みが好ましいものであったのかどうかはわかりません。

実際に、現在のアメリカ合衆国もどのような方向に歩んでいくのかは非常に不透明です。

フィデル・カストロ国家評議会が亡くなったことで、キューバの体制は更に変わっていくのだと思いますが、一方で変化していくアメリカ合衆国やヨーロッパとの関係の中で、一体どのようにキューバが自身の位置づけをしていくのか。かつて訪問し貴重な経験をした国の行方に興味があります。

0 件のコメント:

コメントを投稿