2016年11月26日土曜日

フィデル・カストロ議長の死を悼む (1)

以前キューバ訪問のエントリーを書きました。2002年の12月にキューバに行った時の話です。その中ではまだ触れていませんでしたが、フィデル・カストロ議長に面会するチャンスを得ました。そのことをすこし書いてみたいと思います。

私は自分でこの面会をアレンジしたわけではないので、これはすべて聞き伝いの話ですが、安部総理のような訪問は別として、一般にはカストロ議長にアポイントメントを取ることはできないようです。私が、キューバに行ったのは、日本キューバ経済懇話会の科学技術部会担当者として行くように言われたのですが、これは以前のエントリーに書いたように、キューバ神経科学研究所のペドロ・バルデス所長との交流によるものからでした。

フィデル・カストロ議長との懇談の場で
2002年、もう14年前ですが、自分も若いですね
キューバについて、様々な施設を訪問し、他の訪問団の面々は経済面での交流を試みたわけですが、私は主にはキューバ神経科学研究所を訪問したり、私自身の調査対象である、ハバナ市内の精神科のディケア施設などを訪問したり、またスポーツ科学の研究施設を訪問したりしていました。

ある日、もしからしたらカストロ議長に会えるかもしれないという噂が訪問団に流れました。この噂は、一体どこから来たものかは不明なのですが、不確かだがそうらしいということでした。しかし、だからといって、いつどこに集まるということは特に指示はありませんでした。例によって、私が神経科学研究所を訪問していると、研究所の面々から、「お前はフィデルに会うんだろう。」と言われました。私は、「噂だろう。」と笑って話しましたが、彼らは、もしあったら神経科学の研究もよくやっていると言っておいてくれと話されました。

キューバはご存知のように社会主義国ですが、メンタリティーは明るいです。また、国家の施設のトップの人達は、ファミリーのように交流があるようにも思えました。ただ、所長のペドロ・バルデスは、長いことフィデルとは話をしていないなぁと言っていたので、そんなに頻繁に出会うわけでもなさそうでした。

そんな中で、急に電話があり、すぐホテルに戻るようにと言う招集がかかりました。目的は分かりませんが、すぐ帰れということです。帰ったところ、バスが何時にロビー前に来るからそれに間に合うように準備をするようにということでした。はっきりとした指示はないのですが、噂で、どうやら「革命宮殿」に行くようだということでした。私は、スーツに着替えて集合時刻に間に合うようにロビーに集合しました。

バスに乗り込み、そしてはっきりと革命宮殿に行くと情報が入りました。いよいよフィデル・カストロ議長に面会ができるようです。胸が高鳴るのを感じました(つづく)。

0 件のコメント:

コメントを投稿