2016年7月30日土曜日

アイマスクで快適夏の睡眠

この季節になると、朝早く起きてしまって眠れないという人が時々居ます。もちろん、うつ病などの背景に他の精神疾患のある患者さんも居るのですが、ちょっとした落とし穴がある場合もあります。

ebayで購入したアイマスク
よく、カーテンを開けて眠って、朝日を浴びましょうということが言われています。私も、そんな話をすることも有りますが、朝日を浴びると、生体リズムの位相が前進して早寝早起きになるわけです。別の言い方をすると、時計がリセットされて、また新しい一日のリズムが始まるともいえます。ただ、夏の朝は4時ころから明るくなります。そうしますと、朝早く目が覚めすぎてしまうということもおきるわけです。

特に、45歳以降の方で、幾分睡眠が浅くなってきた年代については、朝の光で早く起きすぎてしまって眠れないという方が居ます。そういう方にはアイマスクをすすめています。写真は私がつかっているアイマスクですが、三次元立体式で、比較的大きめで快適です。

このアイマスクは、ebayで買いました。
http://www.ebay.com/itm/231985245621?_trksid=p2057872.m2749.l2649&ssPageName=STRK%3AMEBIDX%3AIT
非常に安くて、性能は良いので、もう少したくさん買って、臨床の場で患者さんにあげようかとも思っています。

アイマスクをして眠ると、朝部屋が明るくなってきてもわからないので、意外と冬場のように長眠をできるように思います。睡眠は、デリケートな面もあるので、アイマスクをしても変わらない人も居るかもしれませんが、しかし早朝の光の影響は回避できることは間違いありません。

早朝の光は良いと言われますが、しかし、これもこのような季節では早朝覚醒の原因になって、もう少しゆっくり眠る機会を奪ってしまうことにもなります。そこで、このような少しの工夫をするだけでも、よりよい睡眠が得られる様になるというわけです。


0 件のコメント:

コメントを投稿