2016年4月28日木曜日

ディケアのバスハイク

私が臨床をしているクリニックは、エレベーターを上がると、左側にディケア、右側に外来があります。私はディケアにはほとんど関わっていないのですが、先日エレベータをあがって、左側をみるとディケアの電気がついていません。あれ、今日はお休みなのかなと思って、診療をしていると、ディケアの患者さんが電子カルテにリストされていました。

順番が回ってきて、ディケアの患者さんを呼ぶと、「今日は、バスハイクで疲れました!」と、笑顔で入室されました。バスハイクというのは、バスで行く遠足のようなもので、ディケアで時々やっているようです。今回は、ディズニーランドに行ったということで、患者さんからおみやげをもらいました!(写真)  

このようなバスハイクは、様々なプログラムを用意しているとは言うもののどうしても、マンネリ化しがちなディケアのプログラムに非常によい新鮮な刺激をあたえます。患者さんたちは、普段と違う日常を味わうことができますし、確かに、スタッフも患者さんも疲れる面もあると思いますが、しかし、やる価値のあるものだと思いました。

おみやげを頂いた患者さんも、とても楽しかった!と感想を述べておられました。

いただいた、ミッキーマウスのコーヒーも美味しかったです!

0 件のコメント:

コメントを投稿