2016年1月28日木曜日

【CD Review】 Of Song - Marcus Strickland (2009)

今後時々、ジャズアルバムのレビューをしてみようと思っています。

Of Song - Marcus Strickland
今回は、Marcus StricklandのOf Songsというアルバムです。Marcus Stricklandは2000年代初頭から頭角を表して活躍しているアメリカのジャズサックスプレーヤーです。主には、テナーを用い、P. Mauriatという台湾製の非常に評判の良い楽器を使っていることでも知られています。(このP. Mauriatについては、数年前に台北に行った際に、この楽器製作会社の社長と会って昼食をおごってもらったこともあり、この話をそのうち書いてみようと思います。)

このアルバムは、2009年ですが、現在のところ最新アルバムであると思います。彼は、かなりのテクニシャンであると思いますが、テナーは決してそれをひけらかすことなく、牧歌的でのびのびとした表現力が持ち前の魅力であるように思います。

このアルバムで取り上げられているスタンダード、What's Newはなかなかの出来であるように思います。ピアノの、David Bryantとの掛け合いが絶妙です。

下記のパーソネルで、ドラマーのE.J. Stricklandは、彼の実弟です。

1. Ne Me Quitte Pas (Jacques Brel);
2. Djorolen (Oumou Sangare);
3. What’s New (Haggard / Johnny Burke);
4. Is This Love? (Bob Marley);
5. Pinocchio (Wayne Shorter);
6. It’s A Man’s Man’s World (James Brown / B.J. Newsome);
7. The Party’s Over (Jule Styne);
8. Shadowlands (B. Hornsby);
9. A Memory’s Mourn (Marcus Strickland)

Personnel: saxophonist Marcus Strickland, pianist David Bryant, bassist Ben Williams, drummer E.J. Strickland. Harpist Brandee Younger

0 件のコメント:

コメントを投稿