2016年1月14日木曜日

変形性膝関節症 (その2)

以前、変形性膝関節症について書きました。その後も、スクワットを続けたところ、大分良くなりました。私は、少し良くなると運動をしてしまい、また具合が悪くなるということを繰り返しがちなので、今回はこれにも注意し、走らずにウォーキングと、サイクルエルゴメーター、そしてスクワットなどの筋トレに専念しました。また体重も減らして、4kgは確実に減量できました。

ほとんど右膝の違和感もなくなったので、先日すこしジョギングをしたところ、流石に心肺機能は少し落ちている感じがしましたが、問題なくジョギングもできました。その後、先日の日曜日に大学で、ゼミ対抗のフットサル大会がありました。この大会は、Kings CUPと言って、教員のサッカークラブ(FC Kings)を早稲田大学スポーツ科学部ができた際に作ったのをきっかけに、学生参加のゼミ対抗のカップ戦をスタートしました。今年で12年目になります。

Kings Cup 試合終了後の集合写真です。
本年は、石井昌幸先生のチームが優勝しました。
20歳前後の学生に混じってフットサルをするわけですから、相当に膝に負担がかかるとは思い、出場はできないなと思っていましたが、いざ試合が始まると我慢できず、出場しました。我々のゼミチームは必ずしも良い成績とはいえませんでしたが、男子も女子も参加して楽しく試合ができました。私の膝は思いの外調子がよく、更に2ゴール決めることができました!

昨年の9月ころの様子を考えると本当に信じられない思いです。電車で、座っている座席から立ち上がる際にも痛みを感じていた膝が、フットサルができるほどになりました。本当に嬉しく思います。筋トレと減量についてアドバイスいただいた、福林徹教授にはほんとに感謝してもしきれない思いです。

これからも、ブルガリアン・スクワットを続け、年をとっても動ける体を維持したいと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿