2015年6月29日月曜日

食事と記憶

大学の学部ゼミでは、各ゼミ生は必ず一度は自分の興味のある英文論文を探してきて、読むようにしています。多くは、私自身も読んだことがある、あるいは、だいたい内容を把握している論文なのですが、時に新しい知見に出会うこともあります。今回、しっかりとカロリーをとると記憶が良くなるという結果を示した、2012年のPLOS/Oneの論文を読んできた学生が居ました。読解力もよく、非常に参考になったので紹介したいと思います。詳細には、下記に出展をリンクし、抄録を載せましたので、御覧ください。


端的に言えば、食事をしっかりして記憶課題をやると、記憶が良くなるというものです。記憶課題は、単語を覚える宣言記憶課題と、タッピングによる手続き記憶課題を行っています。下記の図が実験の方法を示したものですが、一日目(Day1)の朝に、2つの記憶課題をやり、たくさん食事をする日、少ししか食べない日の2つのコンディションで、それぞれ、その夜にたっぷり眠る(7時間)と、断眠する(TSD)という2つの条件で夜を過ごします。食事について2条件、睡眠について2条件なので、合わせて4条件です。そして、それぞれ翌朝、どのくらい記憶が定着しているのかを調べるテストを行います。



結果としては、下の図のようになりました。

つまり、Aの方は、単語を覚える宣言記憶課題ですが、眠らないと良い成績がでません。また、食事とは関係ありませんでした。一方で、タッピングによる手続き記憶課題を見ると、眠れば食事の量にかぎらずよく記憶されるのですが(運動学習がしっかり行われる)、眠らなくても、しっかりと食事をしていれば眠った時と同じくらいしっかりと学習するということが示されています。
この結果には驚きました。食事は、大事ですね。


PLOS / One


  •    Published: June 29, 2012
  • DOI: 10.1371/journal.pone.0040298



Abstract
Sleep enhances memory consolidation. Bearing in mind that food intake produces many metabolic signals that can influence memory processing in humans (e.g., insulin), the present study addressed the question as to whether the enhancing effect of sleep on memory consolidation is affected by the amount of energy consumed during the preceding daytime. Compared to sleep, nocturnal wakefulness has been shown to impair memory consolidation in humans. Thus, a second question was to examine whether the impaired memory consolidation associated with sleep deprivation (SD) could be compensated by increased daytime energy consumption. To these aims, 14 healthy normal-weight men learned a finger tapping sequence (procedural memory) and a list of semantically associated word pairs (declarative memory). After the learning period, standardized meals were administered, equaling either ~50% or ~150% of the estimated daily energy expenditure. In the morning, after sleep or wakefulness, memory consolidation was tested. Plasma glucose was measured both before learning and retrieval. Polysomnographic sleep recordings were performed by electroencephalography (EEG). Independent of energy intake, subjects recalled significantly more word pairs after sleep than they did after SD. When subjects stayed awake and received an energy oversupply, the number of correctly recalled finger sequences was equal to those seen after sleep. Plasma glucose did not differ among conditions, and sleep time in the sleep conditions was not influenced by the energy intake interventions. These data indicate that the daytime energy intake level affects neither sleep’s capacity to boost the consolidation of declarative and procedural memories, nor sleep’s quality. However, high energy intake was followed by an improved procedural but not declarative memory consolidation under conditions of SD. This suggests that the formation of procedural memory is not only triggered by sleep but is also sensitive to the fluctuations in the energy state of the body.



0 件のコメント:

コメントを投稿