2015年5月8日金曜日

FOOT x BRAIN 5月9日出演 (その2) ドーハの悲劇

出演者の、福田正博選手のことは、もちろん私はレッズサポなのでよく知っていますが、都並さんについては、必ずしも十分に知識があるわけではないので、いろいろとネットを調べてみました。そうすると、非常に興味深いコラムがありました。
都並敏史が語るドーハの悲劇。「オフトは僕とだけ握手をしなかった」
というものです。ドーハの悲劇は、アメリカワールドカップに出場できる権利がもうすぐそこにあった、イラク戦でロスタイムに同点ゴールをイラクに決められ、ワールドカップが消え去ってしまった、あの語りぐさです。都並選手は、この時は怪我で代表で試合に参加ができなかったということのようです。このことを私はちゃんと理解していなかったのですが、このコラムを読むと、都並氏の悔やむ気持ちがひしひしと感じられます。

また、ドーハの悲劇についてもYouTubeで、試合最後のロスタイムに入れられる様子から、中継番組終了までの様子が見られますので、御覧ください。柱谷氏の悔し涙もグッと来ます。試合のフル中継もリンクしました。

この時代から20年。その頃、私は、アメリカから帰ってきて、子供が生まれて、Jリーグ各チームのマスコットのシールなどが配られていたことを思い出します。この20年で日本のサッカーも本当に大きく躍進しました。このように、システムを作り物事を進めるという実例は、自分の仕事にも役立ちます。10年20年先を見据えて積み上げていく。日本のサッカーにはそれがあるように思います。

明日、5月9日出演です!


0 件のコメント:

コメントを投稿