2015年5月13日水曜日

滋賀医科大学での睡眠学の講義2015

この時期に、毎年滋賀医科大学の睡眠学講座で講義を行います。昨年も同様のエントリーが有りましたが、やはり母校での講義は良いものです。毎年、母校を訪れられるようにはからって頂いている、滋賀医科大学睡眠学教室の宮崎総一郎教授に感謝しています。

私は、滋賀医科大学の3期生なので、上には先輩は2年分しか居ませんでした。また、滋賀医科大学の創設当時は、まだ校舎ができていなくて守山市の看護学校で授業をやっていました。私の代からは、すべて現在の滋賀医大の校舎で講義を行うようになったわけです。私が入学した頃は、まだ病院は工事中だったと思います。


今回は昨日の夜、瀬田駅につき、駅前のホテルに滞在し、早起きして3-4kmある滋賀医科大学まで歩きました。天気の良い日だったので、気持ちの良いウォークでした。大学について、西門(写真)をはいり、学生時代のとおりに駐車場横をあるいて校舎に入りました。とても30年あまりの月日が経ったとは思えないほど、学生時代の感覚が蘇ってきます。

講義でも最初に学生にこの私が学生時代の話をしました。みんな興味深げに話を聞いてくれたのは嬉しく思いました。6年経ったあと、関東の実家に帰りましたが、学生時代の6年間過ごした土地はやはり何物にも代えがたい価値があると、また今年も実感しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿