2015年4月1日水曜日

日経メディカル 特集「攻めの不眠診療」に取り上げられました

日経メディカルに、ここのところ時々取り上げられます。今回は、「攻めの不眠診療」という特集に取り上げられました。日経メディカルの編集者によるインタビュー記事なので、私が書いた記事ではありませんが、多くの先生方にインタビューをしてまとめているので、良いと思います。



私が出ているのは、

Step2:睡眠への「誤認」を解く

という項目で、私の顔写真も出ていますので、御覧ください。こういう記事は、様々な先生方の談話を総合的にまとめているので、必ずしも自分の意見が全て反映されている、あるいは、正確に自分の考えが反映されている、という点では不満が残る面もありますが、他の先生方の考えがわかって、勉強になる面もあります。

私は、不眠症の患者さんに会った時には、必ず、現状の評価、そしてどんな状態をゴールと考えるのか、あるいは、不眠を解消する道筋はどのようなものか、という話をします。その上で、治療を開始するわけですが、それをせずに 眠れない ⇒ じゃあ、睡眠薬を出しましょう というような治療が多いというのも事実です。それに対する警鐘、そしてではどうすればよいのかという教育的な意味では、この特集はとても意味のあるものであると思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿