2015年3月2日月曜日

冬季スキーゼミ合宿 2015

早稲田大学の私のゼミでは、毎年冬季に苗場スキー場にスキー合宿に行っています。この合宿の目的は、主には学年間の交流を図るもので、大学院に行こうという学生がその情報を聞いたり、就職活動を終えた4年生の話を下級生が聞いたり、その他にも同じゼミに同じ時期に参加した学生たちがお互いを知るという意味でも有効なものだと思っています。ゼミ内での学年間の交流は、こういう会を催さないと意外になくて、学年を超えると、お互いよく知らないということも起こります。

毎年、苗場スキー場のシュプールイン苗場というペンションに宿泊しています。ここのオーナーの伊藤さんは、私のゼミに所属した学生のお父さんです。その学生伊藤拓真は、早稲田大学ア式蹴球部の部員で、卒業後、ザスパ草津、シンガポールリーグと活躍し、今は結婚して青森の実業団で現役です。伊藤君の学年のア式蹴球部の部員には、現在FC東京で活躍している渡邉千真や、高校時代にゼロックス・スーパーカップに出場した塗師亮なども私のゼミに所属していました。この時代に、早稲田大学ア式蹴球部は、大学サッカーで全国優勝をしたのですが、大榎克己さんが監督で、メンバーの半分は私のゼミでした。(私のゼミだった出場選手:首藤豪、伊藤拓真、渡邉千真、塗師亮、松本怜など)。この時代は大榎さんとも交流させてもらいました。これは、楽しい時期でしたね。この時期に、渡邉千真もスキーに行きました。渡邉千真君にスキーを教えたのは、このワタクシです。

さて、スポーツ科学部には多くのアスリートがいますが、九州出身者や、ずっと自分のスポーツをやってきた人たちも多くいるために、スキーはほぼ初めてという学生もいます。そういった学生もチャレンジ精神は旺盛で、スキーやスノーボードに挑戦します。私はスキーしかしませんが、彼らのスキーマスターの早さには驚かされます。多くの場合は、全くの初心者で、2日間の合宿中に中級くらいまでのコースが滑れるようになります。形はまだ綺麗ではありませんが、それでもかなり滑ります。教え甲斐もあるというものです。

2015年2月の内田ゼミスキー合宿記念撮影
シュプールイン苗場前にて

夜は、シュプールイン苗場の美味しい夕食を食べ、その後飲み会をしたりします。クラブをやっている学生は、このような機会は少なく、とても喜んでいます。今回参加した学生の中にも、箱根の走者、テニスのランキング上位だったもの、ヨットの大学リーグ上位、水球日本代表、その他にも準硬式野球、ソフトボール、サッカー、ラグビー、剣道、水泳、少林寺拳法など様々な競技をしている学生が集まっています。こういった学生が、みんな一緒にスキーをするというのは、なかなか楽しいものです。ところで、私のゼミにはスキー部の学生もいますが、スキー部の学生はこの時期は試合があり、合宿には来ません。それでも毎年誘っています。

また、来年も行くのを楽しみにしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿