2015年3月18日水曜日

ブログ1周年

このブログを始めてから、1年余りがたちました。

私は、大学医学部を卒業してから、研修医、臨床精神科病院の医師、大学病院の医師、アメリカでの研究生活、都立研究所での研究員、早稲田大学の教員、そして、最近は臨床も多くする用意なりました。そういった生活の中で、感じたこと、特に臨床をしていて、研究と臨床をどう結びつけるのかということについて思うことを発信していきたいと思って始めたものです。最初は、毎日書くことを目標にしていましたが、書く方も大変ですし、読む方もそこまで熱心に読んでくれる人は少ないので、回数を減らしたほうが良いというアドバイスもあって、週3回ペースにしています。

内容は、基本は医療に関わることですが、社会問題や時に映画の話題なども入れています。実は、私はジャズもとても好きなのですが、かなりマニアックに好きなので、内容的に一般向きでなくなってしまう恐れがあるかとも思って、多分まだ一度もジャズの内容は書いていないと思います。しかし、映画を書いているのにジャズを書かないという理由もないので、次の1年はジャズのことも書いてみようかと思っています。

この一年で、やはりヒット数が多いのは、薬物に関するエントリーでした。特に、ベルソムラ(オレキシン受容体拮抗薬)についてのエントリーは10000ヒットを超えました。これは、自分でも驚きました。一方で、それだけのヒットがあると書く内容にも慎重になってきます。しかし、自分が信じるところであれば、今後も正直に書いてみようとも思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿