2015年2月20日金曜日

慢性の痛み

日経メディカルに2015年2月9日付けで「痛みは脳や体に記憶される」という記事が出ていたので興味深く読みました。私自身は、うつ病の痛みに興味をもって、臨床的にはなるべく患者さんにそのことを尋ねるように心がけています。多くのうつ病患者さんが痛みをもっており、これをうつ病の症状でないので、ここで話す必要はないと思っています。痛みは、うつ病の一つの症状でありえるし、もしそうでないとしても、痛みについて一緒に考えて必要あれば他の専門医の受診を一緒に考えるという立場で患者さんに接することで、患者さんの生活全体を改善するという本来の治療アプローチが出来るようになるからです。

さて、日経メディカルの記事をみると、うつ病にかぎらず慢性の痛みがあると、生活の様々な側面がが障害されることが示されています。また、更には痛みが慢性に続くと、神経末端からの神経伝達物質の放出が促進され、痛み感覚が亢進されるということです。また、痛みが記憶されることも示されています。したがって、痛みが記憶されるまえの初期の段階できちんと痛み治療をしていくことが、慢性化させないために重要であるということです。

痛みには、心理的な要素も大きく関わっています。痛みの研究をするときに難しいのは、痛みが主観的なものであるという点です。ちょっとの痛みに対しても、「痛い痛い」と叫び声を上げる人も言えれば、じっと我慢できる人もいます。しかし、それぞれのレベルで、痛みは生活に負の影響をあたえ、生活の質を悪くするということがあるわけです。

さて、精神科医である私の立場からすれば、精神科の患者さんのもっている痛みの訴えをどう取り扱うかということです。痛み症状を持った人を、身体表現性障害として捉えて、精神的な問題に直面化させるというような方法とともに、注意深く観察しながらも、痛みに対しては積極的な治療をするという方法も合わせて重要であるように思います。また、うつ病の痛みに対しては、これをしっかりと把握し、慢性化する前にしっかりと治していくことも重要になると思います。

これらの治療は、薬物療法ととともに、生活を改善する生活療法、精神分析的な精神療法などを合わせて行うことですが、この中では痛みを軽減されるという視点は常に頭においておくことが大事であると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿