2015年1月14日水曜日

スポーツにおける薬物治療 処方と服薬指導 (拙著:共同執筆)

日本臨床スポーツ医学会 学術委員会の編集による、「スポーツにおける薬物治療 処方と服薬指導」が出版されました。これは、スポーツファーマシストの制度の制定にも関連して出版された本です。各章は、医師が疾患について、薬剤師が治療に使う薬物について、ペアを組んで解説しています。私は第11章精神疾患を担当しています。





アスリートへの処方は、常ドーピングへの注意が必要です。アスリートを診察する臨床家には、非常に役に立つ書籍だと思います。どうぞご購入ください。

目次
1編 スポーツと薬
 1章 スポーツが薬物動態に与える影響 
 2章 スポーツにおけるドーピング
 3章 サプリメントの捉え方

2編 主な疾患治療薬
 1章 感染症
 2章 循環器疾患
 3章 呼吸器疾患
 4章 内分泌疾患
 5章 代謝疾患
 6章 血液疾患
 7章 消化器疾患
 8章 腎疾患
 9章 アレルギー疾患・膠原病
 10章 神経・筋疾患
 11章 精神疾患
 12章 環境因子による疾患
 13章 整形外科疾患
 14章 皮膚科疾患
 15章 婦人科疾患
 16章 眼科
 17章 耳鼻咽喉科疾患
 18章 歯科・口腔外科疾患
 19章 腫瘍性疾患

0 件のコメント:

コメントを投稿