2014年9月3日水曜日

鹿児島のタクシー運転手

地方に行って、タクシーに乗るとその地方色がわかることが多くあります。私の患者さんで、タクシーの運転手をしている方がおられますが、以前は大阪でやっていたが、その時はしんどかった。東京に来て、すごく楽ですとおっしゃっていました。何が違うのかというと、大阪ではお客さんと話をする時間がすごく長いということです。東京では、ほとんどお客さんと話をしなくて良いので、行き先を聞いたらあとは黙っていて大丈夫ということでした。もちろんお客さんによっては、話をする人もいるのでしょうが、その割合は非常に少ないようです。

朝、時間に余裕がなくて鹿児島空港までタクシーで行ったのですが、そのタクシーの運転手さんは、非常に愉快な方でした。タクシーで行けば間に合う時間だったのですが、おみやげも買いたいからと話をすると、頑張ってみますと飛ばしてくれました。道すがら、昨日友達の女性二人を載せて、鹿児島観光に連れて行ったのだが、その二人のばあさんが、飲むわ食うわで、自分は運転手だから酒は飲めないし、散々な目にあったというのです。そして、突然、焼酎があるからあげましょうか、というので、遠慮するかなと考えていたところで、「ああ、間違えた、あれは自家用の方に入れておいたんだ。」ということで、いただけませんでしが。その他にも、ETC無しでしたが、ETCのゲートに入って、バックしてその後料金所の人と、「間違えたわ。ETCがついとらんかった。」ということで、料金所の人もそれはそれで普通の対応でした。最後に料金を払う時も、タクシー料金に加えて高速料金の合計を支払おうと聞くと、まあ、これでいいわ、と多少安くしてくれました。

なかなか、豪気な運転手さんだったとも思うのですが、鹿児島の土地柄ということもあると思います。のんびりした佐賀に続いて、鹿児島も大変気に入りました。今年は、これからも九州を訪問する予定があるので、楽しみにしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿