2014年8月15日金曜日

クラウド・ストレージ (2)

以前にクラウドストレージの話を書きましたが、企業ではむしろローカルにファイルはおかず、パソコンやタブレットは端末として利用しながら、データ本体は常にクラウドにあるというような使い方をしているところもあるようです。このような使い方をすれば、パソコンを選ばず、いつも同じ環境で仕事ができるのでとても便利である気はします。自分が求めているクラウドコンピューティングがどんなものなのかと、先に書いたいろいろなクラウドを使いながら考えているのですが、まだ今ひとつこれというところに行き着きません。

多分、自分のコンピュータで完全にローカルにファイルを置かないというのは、いくらクラウドのセキュリティーや保全について信頼できると言っても、まだ不便だという気持ちがあります。例えば、私はWiMaxを使っていますが、苗場や軽井沢、菅平などに行った時にはこれが使えませんでした。また、海外に行った時にも、不便な思いをします。こういう時に、やはり全くローカルにファイルがないと何もできなくなってしまいます。

このように、ネット環境がないと切断されてしまうものに、Bitcasaがあります。これも試しに使っていますが、ネット環境があれば非常に便利です。しかし、ネット環境がないと上記のようなことになります。

同期型と呼ばれる、ローカルにもあり、クラウドにもあり、自動同期されるものはいろいろありますが、私の希望する形は、最近使ったファイルや、ローカルには必ずおいておきたいファイルなどを選択してローカルに置いておき、あとはクラウドで保管するという方法です。これができるのがどれなのか探していますが、Yahoo! Boxはこれができるようです。その他のGoogle Drive, OneDrive, Boxなどがどうなのか。まだよく自分ではわかっていません。SugarSyncは、クラウドのみのフォルダー設定が有ります。しかし、自分としては一つのフォルダの中で、最近はもういらないというものはクラウドに、使うものはローカルにも、気が変わったらまた変えてとできる方が良いので、SugarSyncのスタイルは今ひとつな気がします。

自分にあったクラウドサービスを見つけたら、一つに絞ってお金を払っても良いと思っています。ただ、DropBoxなどはファイル共有や交換に非常に便利なので、この目的で使い続けると思います。一つのローカルフォルダを、2つ以上のクラウドサービスに割り当てることも、便利そうなので、そんなこともできるのかどうか少しずつ試しています。

良い情報があったら教えてもらいたいと思っています。
Twitter @sunaouchida
よろしく願い致します。

0 件のコメント:

コメントを投稿