2014年6月27日金曜日

クラウドストレージ (DropBox、Yahoo!ボックス、Google Drive、SugarSync、Box、Amazon Cloud Driveなど)

最近は、クラウドストレージをよく使うようになってきました。実は、Gmailもクラウドストレージの一つとして使えますが、まとめてみると自分が使っているものは以下のとおりです。

Gmail: 時に宛名なしのメールとして文章を一時保存

Google Keep: 体重表、血圧表などをつけている

Google Drive: ファイルのやりとりに主に使う

Google ToDo List: やることリスト

Google Calendar: 予定表 (他人とも共有)

DropBox: ファイルのやりとりに主に使う

Box: 電子化した本の保存に使っている

SugarSync: PDFの論文を保存している

Yahoo!ボックス: 最も使っている様々な用途

Amazon Cloud Drive: 写真の保存に使っている

Evernote: 講演会メモ、ミーティングメモ、名刺管理

Simple Note: Androidスマホのメモとして利用。PCでも閲覧可能。

このようにたくさんのサービスを使い分けている理由は、無料での容量が少しずつなので、幾つものものを用途別に分けて使っているからです。この中で、容量が大きい物はBoxで、なぜ50GBももらえたのか不明なのですが、無料でもらってあります。ここに、比較的サイズの大きい電子化した本などを入れています。また、Yahoo!は、プレミア会員になっているので、ここも50GBのサイズをもらっていてせっかくお金を払っているからというのが主な理由で、ここを自分の様々な用途に使っています。

これらのサービスは、使い勝手はWindowsのコンピュータ上ではあまり変わりませんが、Androidのスマートフォンで使う場合には、ファイルを使うと一旦ローカルにファイルが残る、様々なアプリが選択できるかどうか、などによって少しずつ便利さが違います。しかし、スマートフォンなどで使う場合には、使うものを一旦ダウンロードして保存しローカルで作業をする。そしてクラウドに戻し、必要に応じていつでもクラウドからダウンロードできるようにしておくという考え方で使えば良さそうです。


0 件のコメント:

コメントを投稿