2014年6月13日金曜日

3Dプリンターでカスタムメイドの人工骨を作る?!

製薬会社がおいて行ってくれるパンフレットや冊子は、あまり目を通すことが多いとはいえませんが、たまに時間があったりしてみてみると、各社それぞれ工夫をこらしています。中には、薬の宣伝ばかりというのもありますが、先日もらったものには面白い記事が出ていました。私は、整形外科医ではないので全く専門外ではあるのですが、アスリートとは付き合うので、整形外科領域の疾患をもったひと、と言いますか、骨折や靭帯損傷などを持った人と話をすることは多くあります。

目に引いたのは、表題の記事です。3Dプリンターというのはなにかとてもおもしろいものであるという気持ちが前からあって、手頃な価格になったら何の目的でもなく買ってみたいという気がしていました。そのうち、ピストルを3Dプリンターで作れるという記事が出てきて、そうこうしているうちにそれを作って捕まった人も出ました。どんなものでも、使い道を誤るとろくな事がありません。

私は、趣味的には、達人の域の職人が作ったハンドメードのサックスマウスピースをコピーしてみたらどうなんだろうと思ったりしていましたが、人工骨をつくるというのはアイディアがありませんでした。記事を読むと、骨も自分の骨と同じも形につくるとなると、これまでの技術では非常に費用がかかったのですが、この方法では非常に安価に作れるようです。

ネットで調べてみると、結構普及している技術らしく、日経にも紹介されていました。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0300H_T01C13A2000000/

こういうのを見ると、では精神科領域では何に使えるのだろうなと考えてみたくなります。


出展: ORTHO-VIEWS No.21 MSD株式会社

0 件のコメント:

コメントを投稿